いつの時代ももうちょっと体重を

いつの時代ももうちょっと体重を減量したいと感じている人は多いと思います。
しかし、痩せたいと思ってテレビで紹介されたダイエットにチャレンジしたものの痩せない、本で紹介されているやり方を試しても効果が出ない、という方は少なくないのではないでしょうか。二つ目は揚げ物に加えてジャンクフードのような脂質の代謝が上手にできない洋ナシ型と呼ばれているタイプで、皮下脂肪がつきやすく、男性よりも女性に多めです。このタイプにおいては、体重を減らしたいと頑張っても簡単には痩せないタイプと言えるでしょう。
本当はそれは、自分に適したダイエットの仕方ではないのかもしれません。一昔前なら、なぜ痩せないんだろうと一人で考え込むこともあったでしょうが、現在は容易にその理由を知ることができます。このタイプの場合、痩せやすい体質だと言えますが、逆にリバウンドもしやすいタイプと言うことができます。
このタイプの人の場合、糖質を制限した食事を摂るのと合わせて、糖質を燃焼してくれると思われているビタミンB1を多く摂取することで、減量効果が期待できます。
三つ目は豆腐及び豆類などのたんぱく質が不足しがちなバナナ型と呼ばれているタイプで、見た目は筋肉があまり付いておらず華奢な人が多く、男女の比率は同程度です。
このタイプの人の場合、太りにくい体質と言えるのですが、逆に一回太ると痩せるのに苦労するタイプです。初めに、検査をやってくれる企業から検査キットを取り寄せてください。それから、検査キットの中には綿棒が含まれているので、この綿棒でほほ近辺にある粘膜を取ってください。
そして最後にその粘膜を付けた綿棒を返送するだけです。自分がどのような体質か、どうやったら減量することができるのかを「遺伝子検査」によって知ることができます。以前なら遺伝子検査においては医学上の検査だったと言えますが、最近では誰でも手軽に家で遺伝子検査をすることができるようになったのです。このタイプの人の場合、脂質の少ない食事を摂ると共に、唐辛子、生姜などのような温熱食材と言われる食材を積極的に摂り体を温めるようにすると体重を減らすことが期待できるでしょう。
その後、だいたい2〜3週間くらいで検査の結果が家まで届きます。
検査キットの価格は各企業でわずかな差はあるものの、ほぼ5000円〜6000円くらいです。肥満には四種類あり、三種類の肥満遺伝子変異が原因のものと遺伝子変異は起っておらず生活習慣が元となるものに区分することができます。まず一つ目はご飯やパンといった糖質の代謝が得意ではないリンゴ型と言われているタイプで、内臓脂肪がすぐについてしまい、女性よりも男性に多くみられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です