いつだってもうちょっと体重を減量できたらと思ってい

いつだってもうちょっと体重を減量できたらと思っている人は多いと思います。
ですが、痩せたいと思ってテレビ番組で見たダイエット法にチャレンジしたが痩せない、雑誌で見た方法を試しても効果なし、という方も結構いることでしょう。このタイプなら、脂質を減らした食事を摂ると同時に、唐辛子やショウガなど温熱食材と呼ばれる食材を摂取して体を温めるようにすればダイエット効果が見込めます。その後、おおよそ2〜3週間前後で検査結果が書かれている紙が自宅まで届くのです。
検査キット代は各企業でいくらかの差はあると言えますが、ほとんど5000円〜6000円くらいです。
肥満には四種類のタイプがあり、肥満遺伝子変異が原因のものが三種類と遺伝子の変異はなくて生活習慣が問題のものに分けられます。
一つ目はごはん並びにパンなどの糖質の代謝が上手にできないリンゴ型と言われているタイプで、内臓脂肪がすぐについてしまい、女性に比べて男性に多めです。
きっとそれは、自分に合っているダイエット法ではないことが原因かもしれません。以前であれば、なぜ痩せないんだろうと一人で悩んでいたかもしれませんが、現在では手軽にその訳を知ることができます。このタイプの人は、痩せやすい体質なのですが、その分リバウンドもしやすいタイプと言えます。
このタイプに分類される人の場合、糖質が少なめの食事を摂ると共に、糖質を燃焼すると思われるたくさんのビタミンB1を摂ることで減量効果が期待できます。
まず始めに、検査をやってくれる企業から検査キットを取り寄せてください。そして、検査キットには綿棒が含まれているので、この綿棒を使ってほほ周辺の粘膜を取ります。
最後はその粘膜のついた綿棒を返送するだけです。
自分がそういう体質であるか、どうすれば減量可能かを「遺伝子検査」というやり方で知ることができます。以前であれば遺伝子検査という行為は医学上のものだったのですが、最近では誰でも簡単に自宅にいながら遺伝子検査をすることが可能となっています。
三つ目は豆腐及び豆類などのたんぱく質を十分に摂れていないバナナ型と呼ばれているタイプで、見た目は筋肉が少なめで、ほっそりとした人が多く、男女比は同じくらいです。このタイプの人は、太りにくい体質だと言えますが、逆に太ってしまうとすぐには痩せないタイプだと言えます。
二つ目は揚げ物に加えてジャンクフードなど脂質の代謝が不得意な洋ナシ型と呼ばれるタイプで、お腹周りなどに皮下脂肪がつきやすく、男性よりも女性に多いのが特徴です。
このタイプに関しては、体重を減らしたいと頑張ってもすぐには痩せないタイプなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です